【体験記3】クリスタルジェミー トライアルセット

【最終更新日】2018年08月15

【体験記1】にて注文し、【体験記2】にて商品が届きました。
そして今回、 “体験記3”です。

こちらでは【体験記2】にて記載しておりました、スキンケアチャートの表に沿って、実際に使用した感想をシェアしていきたいと思います。

先ずは、私の肌のタイプや普段感じている悩みを以下に記しておきます。肌タイプは千差万別ですが、よければご参考ください。

——————————————————————————————————

肌質:
・Tゾーン(特に鼻)がテカリやすい
・目の周りや頬は乾燥しがち
・日焼けしたらすぐに赤くなる
・肌のキメは細かい方らしい

悩み:
・毛穴が気になる(特に鼻頭と、小鼻&その周り)
・肌色にムラがある
・夕方くすむ
・潜んでいたシミが徐々に顔を出してきている

ファンデーション:
・普段使用しているファンデは少し明るめのオークル、
またはピンクオークルが多い

——————————————————————————————————

さて、早速使っていきますよ~~!

1.洗顔料
  ジェミーチェンジ Wウォッシュホワイト 50g
  ※泡立てネット付

大きい!やっぱりこれがトライアルサイズとは信じられません。
たっぷり使えるので、嬉しいですね。

実はこの洗顔料、「クレンジング&洗顔」と「洗顔」2種類の使い方が出来る優れもの。先ずは夜、お化粧を落とすためにクレンジングとして使ってみます。

<夜:クレンジング&洗顔>

スキンケアチャートの裏面に使用方法が書かれているので、それを参考にしながら・・・

一度水で濡らした泡立てネットの水分をしっかり切って、約2cm程のWウォッシュホワイトをチューブから取り出します。
ネットをこすり合わせて、泡を作っていきます。

ご覧の通り、とっても濃密な泡が出来上がりました。

このモコモコの泡を、お肌に乗せてクルクル~と優しく洗っていきます。※この時、ネットに泡を少し残しておくのがポイント。

ちなみに香りは優しい柑橘系の香りなので、とっても癒されますよ。

洗い方について、前にエステのお姉さんに教えていただいたのですが、自分の肌の上にティッシュが一枚乗っているようにイメージして、それに皺がいかないような感覚で洗うことが大切なのだそう。

そうすることによって、肌に余計な負担を掛けずにクレンジング出来るのです。

こちらは泡でクレンジングするタイプですし、まさに理想的な「優しい洗顔」が出来ますね。

クレンジングの後は、ネットに残った泡へ少量の水を追加して、再度泡立てます。

次はフワフワの泡になるので、それでまた優しく肌の上でクルクル~。

泡が肌に馴染んだら、ぬるま湯でバシャバシャと洗い流しましょう。

洗いあがりはつっぱりません。でも、ファンデまでしっかり落とせました!

念の為ふき取りタイプのクレンジングで肌を拭ってみましたが、全然つかない!(むしろ普段使っているクレンジングの方がよっぽど洗い残しがあるくらい・・・)

泡だけでほんとに全部取れるのかな、と不安に思う方もいるかと思いますが、きちんと落としきることが出来ましたのでご安心ください♪

<朝:洗顔>

朝は泡立て方が少し違います。
と言っても、夜の洗顔時と同じく、ネットに水が少量残った状態で泡立てるだけ。

すると、フワッフワの泡ができあがりました!

クレンジングの時の泡よりも水分を含んでいるので、フワフワなのが分かりますか?

お肌に乗せたらこんな感じです。

はい、完全に顔が泡に包まれています。(笑)
正直この写真を撮るのが大変なくらいの泡の量でした・・・!

指の腹がつくかつかないか、それくらいの力加減で泡を使ってやさし~く洗い、最後はぬるま湯で、擦らずにバシャバシャと洗い流しましょう。

洗顔約10分後、肌(頬)は素に戻ると言われています。
洗顔後、10分待ってみたお肌がこちら。↓

いつもは毛穴がパッカーンと開いていますが、いつもの様につっぱった感じがなく、毛穴も目立たないせいか、肌がいつもより白く見えます。

マイルドなのにしっかり洗浄はしてくれるって嬉しいですよね。

乾燥肌によくあるのが、ケアのしすぎだと言われることが多くなってきました。

実はわたしもその一人で、クレンジングの際にバリアとして機能してくれる必要な皮脂まで落としてしまった為に、乾燥やホコリなどの天敵から守るべく自ら油分を出そう!と頑張りすぎて、それが結果的にテカリに繋がってしまうのだとか。

なので、洗いすぎは!!要注意!!
ひとつの洗顔料で十分なんだなぁ、と改めて気づかされました。

2.美容液
  ジェミーネフェルタリ ホワイトエッセンスP 2ml x3

続いて、美容液。
洗顔の後は先ず化粧水!という概念があったので、スキンチャートを見てびっくりしました。

なんと先にこの美容液を使うのですね・・?!

使用量の目安は、2プッシュと書かれていますが、こちらは試供品のため小さなパックに入っています。

でも2mlは1回の量としては割と多かったので、約半量を使ってみようと思います。

まず手にとってみると、白くてとろっとした柔らかなテクスチャーで、伸びもよさそうです。

実際顔につけると、ほんとに伸びがよくて首元からデコルテまでケアできました。
臭いもきつすぎず、心地のいい柑橘系?お花?の様な上品な香り。

この製品は、「美白」「ハリ」「柔肌」の3つを叶えてくれる、ハリや弾力アップも美白と一緒に目指したい人のためのトータルケア美容液だそうです。

しみやそばかすを防ぐ有効成分ビタミンC誘導体が含まれているほか、同じく成分として含まれている“グリチルリチン酸ジカリウム”は、甘草(カンゾウ)の根っこに含有されるグリチルリチン酸が主成分。

グリチルリチン酸は、昔から漢方の原料として使われており、現在では医療用医薬品でも多く使用されています。

列記とした植物由来の天然成分ですし、抗炎症作用もありお肌の雑菌繁殖を抑えたり抗アレルギー作用も認められているので、安心して使用できますね。

素のお肌にこれを浸透させることで、より効果が期待できそうです!

3.化粧水
  ジェミーネフェルタリ薬用美白ローション 10ml

次に、化粧水。こちらはボトルで入っていて、ローション自体は無色透明です。

使用量の目安は500円玉分くらい。500円玉は小さじ1杯(5ml)程度と言われています。

どの化粧水も、一度に出すと手から零れ落ちてしまいそうなので、2・3回に分けて塗布すると、万弁なくお肌につけることができるのでお勧めです。

テクスチャーは、ほんのすこ~しとろみがあるかなと思う程度で、さらっとした印象。

手のひらに出してはみたものの、ほんとに無色透明なので割愛させていただきました。

あと、すぐにグングンお肌へ浸透していくのがわかって、「早く顔につけなきゃ!」と思ったのです。

実際顔に塗布してみたところ、手のひらと同じく角質層の奥まで浸透していくのがよくわかります・・・!

さらっとしているのに保湿力もあるし、ちゃんと浸透しているからかお肌がみずみずしくて、もっちり!

また、こちらの化粧水にも美容液と同じく“グリチルリチン酸ジカリウム”が含有されているので、美白ケアをしながらもお肌を健やかに保ってくれますよ。

4.美容液クリーム
  チェンジカオリホワイト 薬用ホワイトジュエリー 4g

お化粧水・美容液で素肌を整えた後は、クリームで蓋をしましょう。

容器はこのようにキャップ式になったクリーム容器に、たっぷり入っています。

使用量の目安は小パール3つ分。パール大なら使用量は1.2ml(約小さじ1/4)くらいと言われていますので、小ならもっと少なくてもいいですね。

テクスチャーは少しプルンとしたゲル状のクリームといった感じ。マッサージクリームとしても使えると書かれているだけあって、大変伸びがよくデコルテまでしっかり保湿することができました。

上記の流れでスキンケアとして一通り行いましたが、3つとも全体的に保湿力があって、使用前よりお肌がみずみずしく、もっちり・ふっくらしたように感じます。

そして、とにかく全て肌に乗せたときのテクスチャーが最高に気持ち良い!

香りも強すぎず心地よくて癒されたし、刺激もなく純粋に肌が喜んでいるように感じました。

因みに、最後にご紹介した美容液クリーム。

実はこちらの商品は、元々オールインワンとして販売されていて、これ1つでなんと9つ(美容液・化粧水・乳液・クリーム・パック・化粧下地・お肌のツヤ出し・美白マッサージ・ボディケア)の役割を果たしてくれるのです。

しかも、美白の有効成分トラネキサム酸をはじめ、美容液成分も98.6%配合という贅沢さ。

なので、本来これひとつだけでも全てが賄えちゃうんですよね。

ウェブサイトに書かれていた、中島里香さんが最もお勧めしたい使用方法は、少し多めにつけてマッサージしたらそのまま寝るだけの、「美白マッサージ&美容パック」というもの。

次回はこの方法と、BBクリームホワイト・ベースクリームの使用感をシェアしたいと思います!

第4弾、お楽しみに・・・!

こちらの記事もいかがですか

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でbanpukujpをフォローしよう!

ovN2 ovN ovN2 ovN2 ovN2 ovN2 ovN2