このエントリーをはてなブックマークに追加

バストアップに効果的な食事

偏った食事は美容のみならず育乳にも悪い?バストアップに効果的な食事って?


バストアップサプリランキング >バストアップに効果的な食事

綺麗なバストを育てるために必要な毎日の食事

サラダ まず初めに理解しておく必要があるのがバストはそのほぼ全てが脂肪で出来ているということです。 そのためダイエット目的での無理な食事制限などは育乳にとってNGです。


また外食中心の偏った食事もすぐに悪影響は出ないものの長期的には体調不良・ストレスになってしまい、結果的にホルモンバランスの乱れに繋がってしまいます。 不健康なバストアップはありえません。 普段から栄養バランスを考えた食事をとることが健康と美容にとって,そしてバストアップにとって最も大切です。


どのような食品がバストアップによいのか??

女性シルエット 具体的にはどのような食事がバストアップに効果的なのでしょうか。 それは、女性ホルモンに似た働きをする成分をもった食品です。 普段私たちがよく口にする食品の中で、女性ホルモンに似た働きをするものには 下記のようなものがあります。

大豆


大豆 大豆に含まれる大豆イソフラボンは 、 女性ホルモン「エストロゲン」に似た化学構造と働きをするため、 体内のエストロゲン不足を補い、お肌のハリや髪のツヤといった女性の美容、 バストアップに効果があると言われており、植物エストロゲンとも呼ばれています。

美人

また、大豆イソフラボンには乳がんの発生率を下げる効果や、更年期障害を和らげる効果、体脂肪率の減少などなどが期待されると 考えられており、幅広い年齢の女性に対してうれしい効果が期待される良質な食品と言われています。


大豆イソフラボンを多く含む食品

大豆イソフラボンは大豆を原料とする 納豆豆腐など日本人には馴染みのある 食品に多く含まれるため、用意に手に入れることが可能です。 普段の食事で上手に取り入れるように心がけましょう♪

大豆イソフラボンを含む食品

【大豆イソフラボンが含まれる食品】
納豆、豆腐、油揚げ、豆乳、 きな粉、みそ、おから等々


大豆イソフラボンの必要摂取量に関する注意点!

いくらバストアップに効果的とはいっても過剰に取りすぎるのは 禁物です。摂取量の上限に関して法的な規制はありませんが、公的な機関である内閣府に 設置される食品安全委員会から発表された 「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品(3品目)の食品健康影響評価のポイントについて」 によると、70~75㎎/日を安全な大豆イソフラボンの一日上限摂取目安量と記載されています。

(※イタリアでは 2002 年 7 月、植物エストロゲン、大豆イソフラボンを 補完した食品による一日摂取量を 80 ㎎/日を超えないようにとの勧告を表明されています)


大豆イソフラボンの含有量(どの食品にどの程度イソフラボンが含まれているのか)

(mg/100g)
大豆 140.4
豆腐 20.3
納豆 73.5
みそ 49.7
油揚げ 39.2
豆乳 24.8

70mgを超えないように考えた場合、 おおよそ1日の目安として豆腐なら1丁(300g)、納豆なら2パック(40g/パック)程度です。 上限を超えたからといってすぐに悪い影響が出るわけでは ありませんが、気をつけておきたいポイントです。


大豆イソフラボンを取り続けると男性でもDカップに!?

男性でもバストアップ 中国では以前、て豆乳のとりすぎで胸が大きくなってしまった男性がニュースになってしまったことがあります。 こちらの写真は劉さん40歳。健康のためにと毎朝豆乳を飲み、また人との食事の際にも お酒の代わりに豆乳を飲む。このような生活を2年ほど続けたそうです。平だった胸はDカップまで成長し、奥さんよりも 大きくなってしまいました。当初中年太りと思っていたものの、病院の診察を受けてエストロゲンの過剰摂取が 原因と判明。乳腺の組織と脂肪組織を切除する手術を行い、元の胸を取り戻しました。


参考
http://www.chinanews.com/
http://www.wenxuecity.com/

ボロンを含む食品

ボロンボロン」は「ホウ素」の一種であり、 大豆イソフラボンと同じく 女性「エストロゲン」を活性化させる働きがあります。 その効果はアメリカの農務省(USDA)の研究でも認められています。 また、バストアップ以外にも骨粗しょう症などにも 効果があるとされています。


ボロンは熱に弱いという性質があるため、アーモンドやリンゴ,キャベツなどのように非加熱でサラダなどてとれる食品が オススメです。


【ボロンが含まれる食品】
アーモンド,キャベツ,リンゴ,バナナ,さくらんぼ,梨,ぶどう,ワカメ,ひじき等々


ボロンの必要摂取量に関する注意点!

ボロンの摂取量ですが、こちらも大豆イソフラボンと同様,過剰摂取はバストアップに害などころか 体調を崩してしまう恐れがあります。一日の摂取量としては2.1~4.3 mg程度が目安と言われています。
りんごの場合に含まれるボロンの量が、 2.73mg/kgとなるので、1個300gとしておおよそ2~3個程度が目安となります。

まとめ

バストアップを目指した食生活は結果的に美容と健康にもつながります!バランスのとれた食生活の中で 摂取量に気をつけつつ、上手に大豆製品ボロン を含んだ食品を取り入れていきましょう!


バストアップサプリランキングに戻る